ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポニチアネックス 7月25日(水)14時8分配信

◇ア・リーグ ヤンキース2―4マリナーズ(2012年7月24日 シアトル)

 ヤンキースに電撃移籍後2戦目となるイチローは24日、シアトルでの古巣マリナーズ戦に「8番・右翼」で先発出場し、5回の第2打席で右翼線二塁打を放つなど3打数1安打1死球だった。

 3回、前日の第1戦に続き、古巣ファンのスタンディングオベーションに迎えられて先頭打者として打席に立ったイチロー。先発ヘルナンデスと対戦し、1ボールからの2球目、高めの直球を打ち損じ三飛に倒れた。

 その裏の守備では、1死一塁からソーンダースの右前打を処理し、三塁へレーザービーム送球。走者を刺すことはできなかったが、好返球にスタンドから拍手がわき上がった。

 1-3で迎えた5回、先頭のイチローは2ボールからの3球目をとらえ、右翼線を破る二塁打。1死から、1番ジーターの遊ゴロで三塁へ進んだが、続くグランダーソンが空振り三振に倒れ、2点目のホームを踏むことはなかった。

 7回の第3打席は2死走者なしの場面。2ボール2ストライクからの5球目が左足小指付近を直撃する死球。一瞬痛がる様子を見せたが、一塁へ向かった。

 9回の第4打席では、マリナーズのクローザー・ウィリヘルムセンと対戦。2ボール1ストライクからの4球目、高めの直球をひっかけて二ゴロに終わった。





イチロー移籍第2戦は3打数1安打1死球でした。 7回の死球後から痛みが出なければいいのですが・・・











にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
連続テレビ小説梅ちゃん先生

坂田が亡くなった。 酔っ払い運転の車にはねられての交通事故死。

不思議なことにケーキは崩れていなかった。 結局食べることは叶わなかったケーキ。

しかし、坂田の気持ちは十分皆に伝わったのではと私は思う。

しばらくして、竹夫と陽造らが坂田医院に集まり、坂田の写真の前で酒を酌み交わした。

「私が誕生パーティーをやろうと言わなければ」と自分を責める梅子。

梅子のせいじゃない。 坂田は誕生パーティーのことを喜んでいた。 坂田は梅子に出会えてよかったと思っていると私は思う。 静子が荷物を整理して田舎に帰ろうとしたとき。竹夫の「そばにいてほしい」という言葉に感動した。静子の過去に何があろうと受け入れる決心をした竹夫。 よく言った竹夫。 竹夫と静子の今後どうなるのか気になるところ。

八重子から「自分にどんな辛いことがあっても患者さんには笑顔を見せるべき」と言われた梅子だったがその自信がないようだ。 どうする梅子。









にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。