ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。


月の終わりのマーボー豆腐おいしかった
スポンサーサイト
今日からはじまった新しい連続テレビ小説マッサン。
前作花子とアンの冒頭は戦争中だったが、マッサンの冒頭は
昭和46年。このシーンまでにマッサンとエリーにどんな
苦難があったのかこれから注目していきたい。
大正7年2年ぶりに日本に帰ってきたマッサンこと正春は
青い瞳のエリーを連れて日本へ帰ってきた。
エリーはマッサンの母親に会えるのが楽しみだったがマッサンは
気が乗らない。まさかマッサンはエリーに手紙のことで嘘を言っていた?
マッサンは母親の早苗が苦手のようだ。やはり予感は的中。
早苗さんは「外国人の嫁は絶対に認めない」とマッサンとエリーに言った。
マッサン正直にエリーに話した方がよかったと思うよ。
これからエリーは大変だと思うエリーを守れるのはマッサンだけだよ。









にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村



テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


温かい蕎麦で心もあったか







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


週の終わりのサンドイッチ最高に美味しい
門倉社長は『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』を原稿を読んで
これほど面白い話をなぜ今まで出版しなかったのかと言うなり、出版に
取りかかるため小泉と一緒に帰っていった。
後は本の題名だが、最初は『窓辺に倚る少女』に決まった。だが
小泉が「赤毛のアン」はどうかと言ってきた。花子は反対したのだが
美里ちゃんが「赤毛のアン」にしなさいと言って譲らない。
だんだん美里ちゃんが花子に似てくる・・・・・
花子は根負けして「赤毛のアン」に決まった。残念ながらスコット先生は
亡くなってしまったが「赤毛のアン」の本の中にスコット先生の思いは
生き続けていると私は思う。
宇田川が村岡家を訪れた。もめないでね宇田川さん。









にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村






テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ここの牛丼NO1






にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


ここのミートソースは今日も美味しい

今日は焼き肉
吉平さんの葬儀で、花子やふじさんが吉平さんの作ったぶどう酒を弔いに飲んでいると
正装した武が酒やごちそうを手に持ってやってくる。
吉平さんと徳丸さんはけんかばかりしていたが、それもまた仲がいいことなんだと
私は思う。 徳丸さん粋なことをする。
ふじさんに花子は一緒に東京で暮らさないかといったが、ふじさんは甲府をはなれる
つもりはないみたいだ。ふじさんの気持ちわかる気がする。
蓮子は涙も枯れ果てて何もする気がおきていない。そろそろ立ち直りのきっかけが
ほしいところだが・・・・
かよちゃんの屋台に戦争孤児が・・・美輪さんのナレーションによるとかよちゃんの
運命を変えることになるらしい・・・












にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ここの海苔巻きといなり寿司は美味しい









にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


週の終わりの親子丼最高に美味しい

ここの塩ラーメンは凄く美味しい
蓮子はまだ純平君の死を受け入れられないでいる。
そりゃあ最愛の息子を失ったんだ無理もない。でもきっと何かのきっかけで
立ち直りのきっかけをつかむことが出来ることと思う。
龍一の「戦争のせいだ」の一言その通りだと思った。一方村岡家では
吉太郎が訪ねてきた。吉太郎は皆の無事を確認すると帰っていった。
闇市で醍醐と再会した吉太郎。しかし吉太郎は醍醐に別れを・・・・
いいのか吉太郎。戦争は終わったんだ醍醐と新しい人生をスタートしてもいいのでは?
花子に嬉しい出会いが、梶原が連れてきた編集者の小泉に翻訳した原稿を渡す花子
もちろんあの原稿も。無事日の目を見れたらいいのだが・・・










にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村






テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ここのカツは今日も美味しい







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村





テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


ここのあんかけ焼きそばはいつも美味しい
純平君が特別休暇で宮本家に帰ってきた。
蓮子は純平君の出征が近いことを感じた。蓮子はかよちゃんの店へ行き
夕食の材料を調達してもらった。一方純平君は村岡家を訪れた。
花子は純平君に蓮子とずっと会っていないことを話す。
「お母様のことよろしくお願いします」「お母様のためにも生きて帰ってくるのよ」
どちらの台詞も胸にジーンときた。花子が持たせたぶどう酒で一夜を過ごした
純平君は戻っていった。純平君必ず生きて帰ってくるんだぞ。
いよいよ村岡家付近にも空襲が・・・・
次週 終戦。










にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


週の終わりの冷しラーメンそして夏が終わった

ここのザンギは柔らかくて今日も美味しい

この煮込みハンバーグは今日も美味しいメニュー変更に感謝
戦争は人の善悪の判断をおかしくしてしまう。
村岡家に石を投げた子供の行為は許されることではないが
それを教えなければならない親の世代が嫌がらせをしている時代なのだ。
吉太郎が英治に軍の印刷の仕事をもってきたが、英治は断った。
花子もそれでいいと言った。子供と女性のための印刷が出来るようになるまで
後もう少しの辛抱だ。学徒出陣のニュースを聞いて純平君は戦争へ行く気だ。
純平君目を覚ませ。お母様を悲しませることなのだと気づけ・・・
醍醐が帰ってきた。しかし様子が変だいったい何があったのだろうか。








にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村




テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ここの焼きうどんは今日も美味しい





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


ここのちらし寿司は格別美味しい

週の終わりのドライカレー味は最高
宇田川が帰国した。ラジオでの帰国報告講演に、日頃から戦争の話を避けたがる花子を
苦々しく思っていた漆原は戦意高揚を熱く語る宇田川に絶賛するのだった。
戦争の話を避けるのは花子の小さな抵抗だと私は感じた。一方蓮子の家では娘の富士子
が学校で石を投げられたという。まったく酷いことをするものだ。
純平と龍一が親子の衝突。 龍一は正しいことを言っている。しかしこの時代では
純平が正しくなってしまう。改めて戦争の惨さを感じた。
一方村岡家にスコット先生が訪れた。カナダへ帰国するという。
スコット先生が花子に差し出した本。それはあの本だった。








にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村




テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ


あったかそうめんで心もあったか







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ


ここの塩さばは今日も美味しい

ここの酢豚NO1

きんちゃく美味しい