ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ土屋太鳳ちゃんの希が登場。希ちゃんは高校三年生になった。
藍子お母さんと共に家計を支えるため、バイトに精を出している。
お母さんも希ちゃんもすっかり輪島弁が上手くなりすっかり地元に溶け込んでいる。
一方徹お父さんは6年前に出稼ぎに行ったまま帰ってこない。
お父さんそろそろ帰らないとやばいかも・・・・・
希ちゃんの安定志向は変わらず、志望は輪島市役所に絞っている。
本当は希ちゃんにはケーキ職人になる夢があるのだが、今はそんなことを言って
られない状況だ。 希ちゃんは朝市で圭太君と再会した。
続きは明日。










にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/1194-0d0cb680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
NHK朝ドラ【まれ】 第7回 感想
能登に移住して7年、高校3年生になった希(土屋太鳳)。 父・徹(大泉洋)は6年前に出稼ぎに出たまま帰らず、母・藍子(常盤貴子)とともに 家計を支えるため、アルバイトに精を出す日々だ。 放課後、進路について幼なじみたちと語り合うが、希の安定志向は相変わらずで、 志望は輪島市役所に絞っている。 休日に一子(清水富美加)と朝市を訪れた希は、小学生のころ希と入れ違いで 金沢に引っ越し...
2015/04/06(月) 18:29:44 | ドラマ@見取り八段・実0段
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。