ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

連続テレビ小説梅ちゃん先生

木下の怪我のため、即戦力の職人を雇おうとする幸吉と信朗だったが、工場の張り紙の効果はなかったようだ。 一方木下は、康子の店で飲んでいる。梅子に注意を受けたが、木下は工場の給料が安いとの不満をいう。 そんな中千恵子からまた家庭科があるので風邪にほしいと言われる梅子だったが、千恵子や木下の前で一生懸命頑張ることの大切さを話す。

一方安岡製作所では、新しい工員候補がきたのだが使えない人ばかり。2人だけでは仕事は出来ないどうする信朗? ある日松岡から電話がかかってきた。 特別用事があるわけではないが、電話とはいえ松岡と話せたことが梅子は嬉しかったと私は感じた。梅子の祖母正枝に裁縫を習う千恵子。どうやら梅子の気持ちが通じたようだ。

その頑張りを木下に見せ、再び一生懸命頑張ることの大切さを話す。 
木下の怪我はとっくに完治していた。 木下は反省して仕事に戻ろうとした矢先、その様子を信郎に見られ、木下のうそがバレてしまう。木下にクビを宣告した信朗。 とんでもないことになってしまった。明日どうなるだろうか?











にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/67-2008ad2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック