ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

悠太郎は、竹元から地下鉄の工事現場に正蔵さんを招くように言われ親子2人の時間を過ごす。
竹元先生は、正蔵さんが元気なうちに息子の悠太郎の現場を見せたいと思ったのだろう。
竹元先生は優しくて照れ屋なのだと思う。
夜、正蔵さんは地下鉄のことを語りながら上機嫌でめ以子のスープを飲む。
寝る前に、静さんにつくづくと幸せだと語り「ごちそうさんな人生」だという。
翌朝、正蔵さんは起きてこず、悠太郎はかけつける。
正蔵さんが亡くなった。 明日のご飯を楽しみにしながら・・・・
苦労した分、晩年はたくさんの人に慕われながら・・・・
本当にごちそうさんな人生だったと私も思う。
次週 戦争時代編


















にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/715-98d28fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
NHK朝ドラ【ごちそうさん】第94・95・96回 感想
『木』祝言当日、和枝が亡き母の名代と言って妹たちと現れる。 支度ができていない希子と川久保が登場、希子の驚くべき計画が明かされる。 『金』め以子と悠太郎(東出昌大)の祝言が進む。 め以子は希子のために調えたバラバラな種類の魚の意味を説明。祝言の後、正蔵が再び倒れる。 『土』正蔵の病気を知った竹元(ムロツヨシ)は悠太郎に、正蔵を地下鉄工事現場に招くよう 提案。親子は戸惑いながらも...
2014/01/25(土) 20:34:17 | ドラマ@見取り八段・実0段
ごちそうさん (第96回・1/25) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式) 第16週『汁(つい)の棲み家(すみか)』【第96回】の感想。 悠太郎(東出昌大)は、竹元(ムロツヨシ)から地下鉄の工事現場に正蔵(近藤正臣)を招くように言われ、戸惑いながらも、親子2人の時間を過ごす。悠太郎が技術者としての良心を持ち続けることが、正蔵の願いだ。その夜、正蔵は地下鉄のことを語りながら、上機嫌で、め以子(杏)...
2014/01/25(土) 20:46:27 | ディレクターの目線blog@FC2
トントン>『ごちそうさん』第96話
地下鉄駅を見学する正蔵&悠太郎 その向こうに階段が映って 映画『ラブソング』(ピーター・チャン監督) を思い出してしまった あれはエスカレーターだろ、と思ったら 後でエスカレーターの話が出てきたし いや、全く関係のない話なんだけどさ(笑) …ひじゅにですが何か? 「良心が貼り付いててほしいもんや」by正蔵 地下鉄に崩落や地盤沈...
2014/01/26(日) 15:50:15 | 何がなんだか…ひじゅに館