ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活男が、海軍に志願すると言った。軍艦で主計兵となり、料理の修業を積みたいという。
め以子は同意書を丸めて激高した。母親としては当然のことだ。
いくら主計兵といっても、船が沈んだらそれまでだし・・・・
そんな時、工場で事故が起きた。 幸い活男は無事だったが、活男は友人を失い
ショックを受ける。 これで考え直すのか?と思ったが活男の意思は固かった。
「やりたいことをやって死にたい」という活男の言葉に寂しさを感じる。
平和な世の中なら、め以子も料理修行を快く許してくれることだろう。
戦争は、若者の未来を暗くしてしまうと改めて感じた。
悠太郎は、活男の気持ちをくんで許しているようだ。
それがこの時代父として出来ることなのだろうと思う。











にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/748-f7e8c434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ごちそうさん (第118回・2/20) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式) 第20週『私の大豆な男の子』【第118回】の感想。 め以子(杏)は、海軍に志願するという活男(西畑大吾)に激怒する。活男は軍艦で主計兵となり、料理の修業を積みたいというのだ。いったんは諦めさせるめ以子たち。だが、悠太郎(東出昌大)は空襲が来た場合のことを考え、明日をも知れない戦時下で、やりたいことができないまま軍需工場で...
2014/02/20(木) 18:20:32 | ディレクターの目線blog@FC2
労務調整令>『ごちそうさん』第118話
父が早めに出勤しようとしたら 斜め向かいの家の人が車を出せないので 雪かきを手伝ってくれと言ってきた (向かいの家の屋根の雪が落ちたので) 向かいの家の人も加わって大騒ぎの除雪作業 我が家も向かいの家もあまり影響のない場所だけど 共有の私道の一部だからと、そこは快く参加した (向かいの家の場合は自分ちの屋根からの雪だしね) …のだけど ある程度のところでイキ...
2014/02/21(金) 11:35:17 | 何がなんだか…ひじゅに館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。