ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空襲に備えての建物疎開を強行している悠太郎。
そのやり方は鬼そのもの、疎開の鬼と言われても仕方がない。
本来悠太郎はそんな男ではない、人を思いやれる優しい男だ
そんな悠太郎を鬼に変えたのは戦争だと私は思う。
悠太郎は、空襲時の消火の指導まで担当することになった。
ますます激務になる悠太郎をめ以子は心配する。
うま介に注目の飲み物が登場。名付けて「吉田汁」今でいう青汁だ。
桜子の疎開先が決まった。お父さんと和解が出来たらしい
まずはよかった。問題はふ久の疎開先。め以子は農家に嫁いだ和枝姉さんを
頼るしかないと静さんの一張羅を持ち込もうとする。
抵抗していた静さんだったが、一緒に和枝姉さんのところへ行くことに
もめなければいいのだが・・・・・・・












にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/755-d39ac724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ごちそうさん (第121回・2/24) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式) 第21週『悠太郎の卵(らん)』【第121回】の感想。 め以子(杏)は、空襲に備えての建物疎開を強行している悠太郎(東出昌大)の激務を心配する。しかし、空襲時の消火の指導まで担当することに。桜子(前田亜季)が父親と和解して疎開することになり、め以子も妊娠中のふ久(松浦雅)の疎開先に悩む。め以子は、農家に嫁いだ和枝(キムラ緑...
2014/02/24(月) 18:26:36 | ディレクターの目線blog@FC2
ごちそうさん 第121回★悠太郎(東出昌大)は疎開の鬼
連続テレビ小説「ごちそうさん」 第121回(2月24日) 建物疎開の現場で陣頭指揮を執る悠太郎(東出昌大)が住民たちに「空襲の際の延焼を防ぐためには空き地を設けることが必要不可欠となります。皆さんの安全を守るためです。お国の勝利のためにも、何とぞご理解とご協力をお願いします。」 ひとりの老人が悠太郎にすがりつくようにして「あかんて、わしはなぁ。誰がなんと言おうと、絶対立ち退かん...
2014/02/25(火) 10:15:02 | 世事熟視〜コソダチP
疎開の鬼>『ごちそうさん』第121話
空襲は怖くない― そんな風に教えていたのか 原発事故後の今と同じ つーか 前々作も前々々作も 戦争だの台風だのを震災に重ねていたし 前作となるとモロだし 1914年が世界の転換点になった様に 1911年は…(以下略 …ひじゅにですが何か? 「うん、普通」byふ久 ↑こんなところでも「普通」を強調>ぇ 【昭和19年 秋】 ...
2014/02/25(火) 10:52:46 | 何がなんだか…ひじゅに館
ごちそうさん 第121回
内容 昭和19年秋 街の防火対策のため、住民の疎開を強行する悠太郎(東出昌大) 気苦労が絶えないようで、め以子(杏)は、心配する。 そんななか桜子(前田亜季)が父と和解して疎開することに。 敬称略 悠太郎だけに絞って描けば良いだろうに。。。。。 もう、...
2014/02/25(火) 18:19:58 | レベル999のgoo部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。