ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなは、英治に銀河の乙女の挿絵を断られた。でもはなはあきらめない。
宇田川に「絶対に口説き落とせ」と言われさらに意気込む。
はなは成長したそしてたくましくなったと私は思う。
武は相変わらず女に惚れやすい、今度は醍醐に惚れたようだ。
美輪さんの言うとおり「あの人は無理」わかるか武。
平祐の社長命令で英治は銀河の乙女の挿絵を引き受けることに。
はなが頑張っているのをしっかり見ていてくれたからだろう。
まずはよかったね はな。
蓮子はカフェーで宮本と待ち合わせ。そこへ伝助がさらに宮本も
はな、修羅場に巻き込まれるか?













にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/899-890dde07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
花子とアン (第86回・7/8) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第15週『最高のクリスマス』【第86回】の感想。 英治(鈴木亮平)に『銀河の乙女』の挿絵を描いて欲しいと頼んだものの、あっさり断られてしまったはな(吉高由里子)。しかしはなはひるむことなく、宇田川(山田真歩)からも必ず口説き落とせと言われ、醍醐(高梨臨)とともにさらに意気込む。はなと醍醐が作戦会議のためにカフェーへ来ると、...
2014/07/08(火) 18:30:41 | ディレクターの目線blog@FC2
「花子とアン」第86回★宇田川満代「こんな光栄な事を断る人がいるの?」
連続テレビ小説「花子とアン」 第86回(7月8日) 宇田川満代先生の『銀河の乙女』の単行本に入れる挿絵を村岡英治(鈴木亮平)に依頼しに行って、あっさり断られたはな(吉高由里子)。 醍醐(高梨臨)が悪あがきして「でも、はなさんのページにはあんなに素敵な絵を描いていらっしゃったじゃないですか。」 やや発言が無神経やね。 英治「素人ですがあの挿絵だけは描きたかったんです。...
2014/07/09(水) 13:06:42 | 世事熟視〜コソダチP
他のカフェ>『花子とアン』第86話
台風、怖いよ~ どうか 何処も何事もありませんように …ひじゅにですが何か? 「コーヒーを静かに味わいたいんだ」by村岡父 ↑だったら、お前が他のカフェに行けし 最初は編集者として未熟過ぎる花子を見守る役かと思ったけど 花子が成長し始めれば「国へ帰れ」だし 当時は当然の考えだったのだろうけど「早く結婚しろ」だし 宮本さんにもお節介...
2014/07/09(水) 14:40:37 | 何がなんだか…ひじゅに館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。