ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「王子と乞食」の翻訳を完成させた花子。花子をねぎらうため聡文堂で祝賀会が催される。
その席で醍醐の退職が発表された。蓮子の一代記を書くため。醍醐さんならきっと
いいものが書けるさ頑張れ醍醐さん。 村岡印刷は平祐から英治に代替わりされた。
頑張れ新社長。 郁弥が「王子と乞食」を単行本にしてはどうかと提案する。
もちろん梶原編集長はOK。 皆の夢がどんどん膨らんでいく。
郁弥は、かよちゃんに求婚することに。上手くいったかに思えたがかよちゃんは
店を飛び出してしまった。この時郁弥がかよちゃんをおっかけていれば・・・・
続きは明日。



















にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/925-5c34c7c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
花子とアン (第105回・7/30) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第18週『涙はいつか笑顔になる』【第105回】の感想。 『王子と乞食』の翻訳を完結させた花子(吉高由里子)をねぎらうため、聡文堂で祝賀会が催される。その席で、醍醐(高梨臨)が退職することと、村岡印刷が平祐(中原丈雄)から英治(鈴木亮平)へ代替わりすることが発表される。郁弥(町田啓太)は『王子と乞食』を単行本化してはどうかと...
2014/07/30(水) 19:59:32 | ディレクターの目線blog@FC2
「花子とアン」第105回★1年経過。郁弥(町田啓太)求婚でやっちまった!?
連続テレビ小説「花子とアン」 第105回(7月30日) <それから1年がたとうとしておりました。> おい! また得意のタイムスリップ攻撃かよ!! で、時は1923年(大正12年)夏。 予告編にあるから書いちゃいますけど、関東大震災は1923年(大正12年)9月1日11時58分に起きるので、時が迫っています。 登場人物は当然ながら大地震が来るとも知らず日々を過ごして...
2014/07/31(木) 08:48:52 | 世事熟視〜コソダチP
大正12年>『花子とアン』第105話
庭で収穫したゴーヤーと茄子に 玉ねぎ・竹輪を加えて、かき揚げにしたら 美味しゅうございました …ひじゅにですが何か? 「何、良い考えって?」by花子    ↑村岡弟が度々挟む英単語には目を瞑っても    ちゃんとした一文になると放ってはおけず    おもわず通訳してしまう花子の図ぅ? またまた時は飛び、昨日から約一年後 今は192...
2014/07/31(木) 13:28:56 | 何がなんだか…ひじゅに館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。