ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇田川が帰国した。ラジオでの帰国報告講演に、日頃から戦争の話を避けたがる花子を
苦々しく思っていた漆原は戦意高揚を熱く語る宇田川に絶賛するのだった。
戦争の話を避けるのは花子の小さな抵抗だと私は感じた。一方蓮子の家では娘の富士子
が学校で石を投げられたという。まったく酷いことをするものだ。
純平と龍一が親子の衝突。 龍一は正しいことを言っている。しかしこの時代では
純平が正しくなってしまう。改めて戦争の惨さを感じた。
一方村岡家にスコット先生が訪れた。カナダへ帰国するという。
スコット先生が花子に差し出した本。それはあの本だった。








にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/970-2c26f666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
花子とアン (第136回・9/4) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第23週『アンとの出会い』【第136回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思う方は読まない方が良いです。 花子(吉高由里子)は、蓮子(仲間由紀恵)と決別してしまったあとも、ラジオの語り手を続けて...
2014/09/04(木) 18:01:20 | ディレクターの目線blog@FC2
「花子とアン」第136回★宇田川満代ラジオ講演と「Anne of Green Gables」
連続テレビ小説「花子とアン」 第136回(9月4日) 1939年(昭和14年)初夏。 何気にまたタイムスリップした!? 花子が『コドモの新聞の時間』で84歳のおばあさんの話題を読んでいるその時、臙脂の洋服に白いベレー帽の宇田川満代(山田真歩)が戦地から帰国してJOAKにやってきました。 花子の放送を耳にした宇田川満代「相変わらずなまぬるいわね。大陸の戦場では日本兵が命懸...
2014/09/05(金) 08:22:31 | 世事熟視〜コソダチP
Anne>『花子とアン』第136 話
醍醐ちゃんったら 本命は吉太郎君ではなく郁弥さんだったのね 郁弥さんったら かよちゃんへのプロポーズはどこへ? …なんて ドラマと現実を混同している視聴者がここに>ぉ それより 花子でなく醍醐ちゃんの恋愛がスクープされるなんて 実は醍醐ちゃんこそが正しいヒロイン? …ひじゅにですが何か? 「遂にあの本に出逢いました」by美輪 やっ...
2014/09/05(金) 10:37:55 | 何がなんだか…ひじゅに館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。