ジャオステーション

テレビドラマ・特撮・スポーツ・美味しい食べ物を紹介するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
門倉社長は『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』を原稿を読んで
これほど面白い話をなぜ今まで出版しなかったのかと言うなり、出版に
取りかかるため小泉と一緒に帰っていった。
後は本の題名だが、最初は『窓辺に倚る少女』に決まった。だが
小泉が「赤毛のアン」はどうかと言ってきた。花子は反対したのだが
美里ちゃんが「赤毛のアン」にしなさいと言って譲らない。
だんだん美里ちゃんが花子に似てくる・・・・・
花子は根負けして「赤毛のアン」に決まった。残念ながらスコット先生は
亡くなってしまったが「赤毛のアン」の本の中にスコット先生の思いは
生き続けていると私は思う。
宇田川が村岡家を訪れた。もめないでね宇田川さん。









にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://aoiwgp.blog.fc2.com/tb.php/989-838b9647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
花子とアン (第155回・9/26) 感想
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第26週『曲がり角の先に』【第155回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思う方は読まない方が良いです。 『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』を読んだ門倉(茂木健一郎)は、これほど面白い話をなぜ今...
2014/09/26(金) 20:17:19 | ディレクターの目線blog@FC2
花子とアン 第155回
内容 ようやく、小鳩書房から“アン・オブ・グリン・ゲイブルス”の出版が決まり、 涙ぐむ花子(吉高由里子)は、早速、推敲にかかり始める。。。。 敬称略 ↑ 物語の展開からすると。。。“ようやく”の“ハズ”なのだ。 ナレーションでは、7年以上探していた“らしい”し。 ...
2014/09/26(金) 23:32:07 | レベル999のgoo部屋
「花子とアン」第155回★『赤毛のアン』刊行
連続テレビ小説「花子とアン」 第155回〜最終週・曲り角の先に〜(9月26日) 出版に向けて推敲に余念のない花子(吉高由里子)。 白髪まじりの英治(鈴木亮平)の力添えも受けながら最終稿完成。 原稿の表紙には「Anne of Green Gables(仮)」 <残すは本の題名です。> −◆− 小鳩書房の門倉社長(茂木健一郎)と小泉(白石隼也)が原稿を受け取りに来ま...
2014/09/27(土) 09:28:19 | 世事熟視〜コソダチP
赤毛のアン>『花子とアン』第155話
皆さん! 今日は凄い! 今日は凄い話でしたね! もう~感心! 何て凄い脚本なんだ! 「!」ばっかりだ! …でも、褒めてません>ぉ 詳細は下↓ …ひじゅにですが何か? 「想像の余地がないじゃないですか」by花子 ほらほら~ 今日は花子が2~3回言ってましたよね。 「赤毛」も「アン」も タイトルに入れたら想像の幅がなく...
2014/09/27(土) 13:33:36 | 何がなんだか…ひじゅに館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。